小さすぎて失敗したこと

昨年、念願のマイホームを建てました
やはり賃貸とは違い、広いし、快適で、とても気に入っています。

ただそんなマイホームですが、失敗したところもあります。
それは、食洗機、浴室の物干しの2つで、共通するのが、小さ過ぎて使い勝手が悪いところです。

①食洗機
念願の食洗機を導入し、皿洗いから開放されるはずでしたが、サイズが大きくないため、一度に全ての洗い物ができません。
また、洗い上がるまで、2時間くらいかかるので、ご飯の準備で出た洗い物を食洗機にかけると、いつまで経ってもごはんで使った食器を片付けられません。
現在は準備で出た洗い物は手洗いし、乾燥だけ食洗機を使い、食器は食洗機で洗っています。
決める時に容量を確認するべきでした。

②浴室の物干し
雨が降っても洗濯物が乾くように、風呂場にハンガーレールと浴室乾燥機も設置しましたが、レールの対荷重やレールの長さの問題で、あまり多くの洗濯物を干せません。
夫婦と子ども一人の家族ですが、一日分も干すことができず、結局広いリビングに干しています。

以上2つが、我が家の問題です。
建てる時に、たくさんの人から、必ず後悔する部分が出てくると忠告されていましたし、満足している部分から見れば、些末な問題ですが、どうにも気になってしまいます。

こんな後悔を予防するには、建てた後のことを具体的に想像するしかないなと思います。